作成者別アーカイブ: 末永 弘之

11月28日(月)市議会2月定例会議の開会

★月曜日、少し体調すぐれずで、2日から3日、雑記はお休みかな…もう11月の末の週に入りましたです、今日から、津山市議会12月定例会議が始まります。補正予算などが審査される予定とかですが、来週からはじまる「本会議の質問」についての通告などが行われる予定と思います。提案されている予算と関係あるのかないのかは不明ですが、アルネその後物語は、一つの課題と思えますが、どうなんでしょうか。。。

アルネビル・どこまで津山市が面倒みるのか?

★アルネビルの中にあった「レストラン・食堂」を1500万円程度かけて「改造」して、新しく「リニューアルオープン」刷る課題ですが、土地整備公社と街づくり会社の協働経営するとか。。。。名前とないようは「多少間違い」がありますが、末永流に公がアルネビルを管理する方策がますますま強くなる施策の在り方」と決めつけですよ。

★一体、津山市は、アルネビルをどうするつもりなのか、最後は、まるで「津山市のビル」にしてしまわないと、「アルネビル」は、持たない、維持できないという事を示唆しているという事ですよね。レストラン」にしてね、「津山市でなくて、都市整備公社ですから…」と言い逃れは準備、用意はしていますが、内実は、完全に「津山市立」ですよ、都市整備公社は…※仮に、この「レストラン」が「利潤を上げる」と気があるとしても、どう考えても「アルネピル」が存在している限り、「レストランが利潤をあげつづける」ということはね「ありえない」「無理」という事は明らかです。

しばらく前に、アルネビルの3階を、津山市のせきにんで「多目的ホール」貸館ですが、この3階の利用状況、年間の1日平均利用者が、7人とか聞いた記憶ですが、この売る覚え」という事で正しくありませんが、いずれにしても「あまりにも少ない利用者」であり、とても、とても、収支のバランス、入りと出が黒字」という事になっていないのは事実でしょう…そんな「ビル」を、丸ごと津山市が責任持つ、建設した時から、「わかっていた事態」と言わなくてはいけません…何とか、公金投入は、いい加減にしてほしいの願い強の「アルネビル」騒動への気持ちです。

愛和荘は「虐待ありません」物語の続き

下の写真、令和2年5月2日の「ある利用者の事故による美ウインで診察したカルテのコピーです。これは、関係者が、病院・医師に「カルテの開示請求」をされて、もらわれたものを、私に「適宜利用してください」という意味のことばとともに、「手渡し」してくださったものです。

IMG-9595

★ほぼ、寝たきりの利用者の家族の人です、このカルテを分析した「専門的に知識を持つ人」は、「硬膜下血腫」が出来ているというカルテなんですが、「寝たきりの利用者が何故できるのか」と疑問符を投げかけていますから、愛和荘は、この疑問に正面から答える必要があると思いますが…。

★硬膜下血腫の原因のほとんどは、頭部外傷(=頭のケガ:転倒/転落、交通外傷、殴打など)によるものです。 頭部外傷によって脳表に脳挫傷が起こって短時間に硬膜下に ・・・・とされています。

頭蓋骨の内側で脳を包む膜(硬膜)と、脳の表面との間にゆっくりと血液(血腫)が溜まる状態を指します。

イラスト:慢性硬膜下血腫のイメージ

どのように起こるのか?

般的に高齢者に起こります。お酒を多く飲む人、高血圧や血液が止まりにくくなる薬(抗凝固薬)を服用されているとリスクが高くなります。軽い頭部への打撲などが引き金になり、徐々に血液が溜まることで脳を圧迫し、その数週間から数カ月のち、頭痛がしたり、なんとなく元気がない、言葉が出にくい、尿失禁をするようになった、麻痺がある、歩行がおかしいといった症状で来院されます。ただし、頭部への打撲がなくても起こることがあり、「急に認知症が進んだ」といったエピソードがあればこの疾患の可能性があります。

★頭部への「打撲」軽い…などが引き金になると書かれているわけですから、津山市も、もっと、検討してほしいものです。

11月27日(日)人権週間の催しは・・・

★日曜日の朝、少し「ゆっくり」できる日ですが、お昼からは、「津山市の人権の集い」がありまして、出かける予定です。下の写真がその催しを伝えるチラシです。人権週刊とは、パソコンで検索してみますと【昭和23年(1948年)12月10日、国際連合第3回総会において、全ての人民と全ての国とが達成すべき共通の基準として、「世界人権宣言」が採択されました。

★世界人権宣言は、基本的人権尊重の原則を定めたものであり、初めて人権保障の目標ないし基準を国際的にうたった画期的なものです。採択日である12月10日は、「人権デー(Human Rights Day)」と定められています。
法務省の人権擁護機関では、昭和24年(1949年)から毎年、人権デーを最終日とする1週間(12月4日から12月10日)を「人権週間」と定め、その期間中、各関係機関及び団体と協力して、全国的に人権啓発活動を展開し、人権尊重思想の普及高揚を呼びかけています。
しかし、今なお、いじめや児童虐待、インターネット上の人権侵害、感染症や障害等を理由とする偏見や差別、ハンセン病問題など、様々な人権問題が依然として存在しています。
これらの問題を解決し、国連の持続可能な開発目標(SDGs)が掲げる「誰一人取り残さない」社会を実現するには、私たち一人一人が人権尊重の重要性を改めて認識し、他人の人権に配慮した行動を取ることが大切ではないでしょうか。

★本年も、12月4日から12月10日までの1週間を「人権週間」と定め、様々なメディアを利用して、全国各地で集中的に人権啓発活動を行います。
この機会に、人権について改めて考えてみませんか?】こんな訴えが書かれていましたね、、本当に「人権が守られている日本なんですか、」と問いかけたくなりますよね…

★桂春蝶さんの語り、楽しみにしているということです。しかし、いろんなことができあえるものです。愛和会の「デイサービス・・・愛和荘やすらぎの丘 デイサービスセンター」の閉鎖というニュースには、関係者一同がが「嘘・・・本当!」と驚きですが、はっきりとした情報はその後入ってきませんですね。どうなっているのでしょうかね。

コロナ感染・岡山県2人死亡1973人感染、土曜日ですが、大変とおもいますよ・・・

こんな数値の発表で、岡山・倉敷以外の地域の人たち、津山の市民が「緊張感」が生まれるとおもいますかね・・・・どうかしていますよ、岡山県は26日、新型コロナウイルスに感染していた2人の死亡と、1973人の新規感染を発表した。1日当たりの感染者数は2日連続で前週の同じ曜日を上回った。土曜日、11月12日⇒1191人、11月19日⇒1365人、11月26日(昨日です)⇒1973人となっていますから、だんだん増えているのは間違いなしというところかな。
★死者はいずれも女性で90代以上と80代。新規感染者は岡山市保健所の管内が632人、倉敷市保健所480人、県管轄の5保健所818人、陽性者診断センター43人。年代別は30代319人、40代314人、10代311人、10歳未満246人、20代219人など。

愛和荘物語、今日もお届けしますね・・・。

★愛和荘に関する新しいニュースは「情報不足」ですが、今まで紹介しています、過去のデーターは、沢山あります、先日も、どなたかは「不明」(匿名ではなくて、名無しのゴンべさんという意味です・・)から、一つのと言いますか、一人の利用者の人と思われます「数枚の介護記録」のようなものが郵送されてきました、私の「ブログ見て」という添え書きもありましたですが、また、機会を見て、紹介できるかもです。

★面白いことを書いた「事故報告書」という事になるのでしょうかね、向かって右の「画面」ですか、「要因・原因」の欄に、「はっきりとした原因は不明だか、排便時の体位交換時に知識がなく、左わき腹を強く押した可能性あり、本人が体動があり、ベットから降りようし柵をもったことにより、左わき腹と上腕が当たった可能性あり。」

と書かれているんですね、※「排便時の体位交換時に知識がなく」ですが、誰が「知識がない」というのですか、まさか、利用者が「無い」と言いたいのではないでしょうね・・・・さらに、※「ベットから降りようし柵をもったことにより、左わき腹と上腕が当たった」とあります、こんな現象が起こりますか、柵を持つ行為で、わき腹が「どこに当たる」というのですか、「上腕」が、何に当たったというのですか、無茶苦茶も、無茶苦茶、そんなことを書くことが「事実を表現している」と、本気で考えているとしたら、とても、とても、高齢者を介護する施設のありようとは思えません。。。。こんな書き方、こんなことでも「ぎゅく他意とは確認しません」ですから、ご立派と言わなくてはいけませんね‥‥怖いことです。

IMG-9594

この書類を「分析した人」は、左の画面に書かれていますことを参考にして「家族の人は」が前提にありまして「怪我の報告は受けたが、愛和荘で見てほしいなど言った覚えはない」と書かれていますから、「病院に連れて行ってほしい」という意味合いと思いますが、これも、「不適切介護」とは「確認しない」という範囲なんでしょうかね。。本当、よろしくお願いしますよです。

11月26日(土)日本平和委員会総会の日

土曜日の朝

★今日は、日本平和委員会全国大会開会の日です。

なくそう日米軍事同盟・米軍基地 日本平和大会へ!

photo

★岸田政権は年末までに、憲法9条とは相反する敵基地攻撃・大軍拡方針を定めようとしています。
 大軍拡で日本の平和は守れるのか、軍事同盟は戦争をなくせるのか、どうしたら平和な日本とアジアをつくれるのか――ロシアのウクライナ侵略からも出されるこうした疑問と課題を、正面から考える日本平和大会が、11月26日(土)~27日(日)にオンラインで開催されます。
 どなたでもご参加できます。地域によっては視聴会も設けられます。
 あなたも日本平和大会へ! 詳細は大会ウェブサイトをご覧ください。

津山平和委員会も、午前10時「さくら会館3階」に数人が参加して、オンライン参加の予定です。月に3回、5の日(5日・15日・25日)とはっかんされます「平和新聞」に、津山市内での「オンライン参加のお願い」をしていますが、正式には参加人数が把握できていないのが今朝になってもの現状です、数人の参加確認は取れているのですが、さて、何人になりますかです。全国大会の主な日程は、下記の案内ですが、津山平和委員会の「オンライン参加」は、今日の、午前中の開会行事です。

1、基本テーマ いまこそ、ゆるがぬ平和を世界と日本に ・ロシアは侵略をただちにやめよ! 国連憲章守れ! ・敵基地攻撃・大軍拡ノー! 憲法9条守れ! ・軍事同盟強化でなく、東アジアに非核平和の流れ広げよう 2、主な日程 11月26日(土) ▼ 開会集会 10:00~12:00 ▼ シンポ・分科会 13:30~16:30        ※下記の2テーマに分かれて実施します。          ① シンポジウム ロシアのウクライナ侵略と共に考える ―― どうしたら核兵器も戦争もないアジアと日本をつくれるか                  ② 分科会 敵基地攻撃・大軍拡を許さない学習と運動の交流         ※11月27日(日) ▼ 閉会集会 10:00~12:00

来年3月に日本原演習場で米軍単独訓練へ?

★防衛省中国四国防衛局(広島市)は24日、日本原演習場(岡山県奈義町、津山市)で来年3月、米海兵隊の単独訓練を実施する方向で調整していることを明らかにした。日本原演習場© 山陽新聞社

※町役場で開かれた演習場対策委員会で、防衛局の担当者が報告した。具体的な日程や規模、訓練内容などは調整中という。津山市には25日の演習場対策委で説明する。

※単独訓練は2018年10月に初めて行われ、5回目となる。前回は今年3月、米軍岩国基地(山口県岩国市)の所属部隊が機関銃射撃、ヘリコプターの離着陸帯敷設訓練などを8日間行った。

このような新しいニュースが平和委員会関係から入ってきました。新しいニュースといえば、「嘘か本当か」は正確性に欠けますが、

津山愛和会の経営する施設が閉鎖するとは?

愛和荘やすらぎの丘 デイサービスセンターが閉鎖する、?、こんな話が柵や飛び込んできました、この部6で「虐待は確認しませんでしたこーなー」として書かせてもらっています、経営主・「社会福祉法人・愛和会」が運営していね施設です。特別養護老人ホーム愛和荘 〈ユニット型〉. 愛和荘やすらぎの丘 デイサービスセンター. グループホーム 愛. 愛和荘居宅介護支援センター. 生活支援サポーターなどがあると理解していますが、なんで閉鎖なのかはわかりません。事実「閉鎖」なら、何が起こったのか、子細を知りたいの願いですよね。無関心というわけにはいきませんね、

愛和荘の「虐待とは確認しない」お話です

★下の写真、二枚が一つの資料として綴られているものです、◎〇より内出血あり、痛みわからず、とコロンとが書かれています、そして、下側には、【コメント」】として、内出血有となっています。

右側の「事故報告書」カンファレンスの必要性は無しとしていますから、多少、お菓子のかなと思いますが、これだけの内出血があれば、当然、カンファレンスや医師との相談、家族との話し合いなど必要とは思いますが、まぁー、大丈夫なんでしょうね‥‥愛和荘って、すごいですよね。

IMG-9593

写真の一番下側、この現物の写真を見た人の「分析・解説」では、【家族は愛和荘からアザがあるとの連絡はあったがそんな大きなアザとは感じない言い方だった受診の相談は無かったアザの件では愛和荘で見てくださいと言った覚えはない。事故報告書に記載は虚偽である。】

★この記録を書いた人は「この写真・事故報告書」を家族に見せて、話し合いをしたものと想定できます、

岡山県1人死亡1726人感染 新型コロナ、

★岡山県は25日、新型コロナウイルスに感染していた90代以上の男性1人の死亡と、1726人の新型コロナウイルスの新規感染を発表した。岡山市保健所452人、倉敷市保健所451人、県管轄の5保健所761人など。

11月25日(金)昨日は愛和荘関係の裁判でした

★祭日明けの金曜日です、昨日は、雑記・ごきげんいかが・末永弘之の写真中心のニュースを休みました、そして、昨日は、午後から、愛和荘関係の「偽計某無謀会゛の裁判」がありました、傍聴に出かけまして、傍聴に行った人たちと、本人(被疑者)とで、さくら会館にあつまりまして裁判の感想、「別件の相談事」などで「大いに雑談」に花が咲きました。

★当方の弁護士から提出した「検察庁の主張」への意見というか、証拠提出の問題点の一つであった「削除した文章についての正確性」の確認があったり、検察庁からの申し出、こちらの申し出など、裁判長を中に入れて、いろんなことが取り交わされました。

★新たな証拠物件提示のお願いなど、今後にとても「興味ある」提案でした。その一つが、「業務妨害」として愛和荘・検察庁は「8月6日」と日にちを決めていますが、こちら側(被疑者・Aさん)は、8月20日である、と、主張していますから、いわば、極端にいいますと「犯行日時が、正面から対立」状態なんです、この調整を裁判所がどうされるのか、とても、興味のあるところです、その資料なるものを新たに証拠物件として検索することを求めたということです。

一つの具体的なこちらの要望の趣旨は

※検察官は、弁護人に対して、特別養護老人ホーム愛和荘が作成していた検甲11号証添付の「システム用マスタメンテナ」の操作記録データについて、同操作データに記載の「2021/08/05」以降、「2021/08/20」までの操作データを開示しなければならない。

 開示を求める理由

  被告人は、本件起訴状の認否において、死亡したAさんの介護記録データの一部削除をした日は、2021年8月20日だと述べ、また、削除した文字についても異なることを述べているので、これの事実を確認するために、検甲11号証は、2021/07/06 1:00」から「2021/08/05 21:26」までの操作履歴の全てを記載されているとしているので、その後の、「2021/08/05」以降、「2021/08/20」までの操作履歴の全てを抽出されたデータの開示が必要であるため。というような感じで、呼びかけたわけです。

★次回裁判は、来年の1月19日に「パソコンについての責任者・管理者画面の管理者」ともいうべき、課長と、1月26日に施設長とを「証人尋問する」こととしました、ただし、2人のひとが「出席できる、する」ということが前提ですから、多少の調整は必要と思いました。

市議会の常任委員会の在り方の変化で、日程のとり方が少し変化しているわけですね・・

★今までは、本会議での一般質問・議案質疑が金曜日までありまして、その後、月曜日と火曜日が常任委員会の日でした、そして、近年は、月曜だけ・1日の委員会で終わりで、2日目は、予備日という感じでしたが、勝手は、常任委員会は「2日間の論議」が常識でした、時々「建設水道委員会」のみが、いちにちでおわり・・・「ええなぁー」とかの「妙な言葉」「間違った認識」の言葉を耳にする程度でしたね・・・・

★最近は「1日に2つの委員会審査」とし、委員会所属議員以外の人が、別の委員会も傍聴ができる体制」づくりとかで、1日「2つの委員会審査」として、それが、月曜(総務文教鵜委員会・厚生委員会)と火曜(産業委員会・建設水道委員会)に分かれるようで、水曜日が「委員会予備日」(かっての火曜日の日程とおんなじ役割)とされています。委員会審査日が、1日「ふえた」という感じに見えますが、なかなかよくやっているがな、という見えるのですが、単に、1日に4つの委員会(各議員は、一つの委員会にしか所属できない)を同時開催であったのが、1日2つの委員会として、2日間になった、と、言う「違い」?、本当の意味の違いかな・・・ということでしょう。

まさに、形だけ、内容はどうでしょうか、?、ですね、委員会審査が「真剣・深刻・当局がかいとうて・もめて・論議が多くて」などで、1日伸びた、多くなったということではないんですよ。本当は、2日間の形でなくて「徹夜も含めて、委員会審査が真剣にろんぎされた」ということでないと、まさに、若い議員の姿、形・見え、だけの「格好良さ」を検索する議員像のような感じがつよい、・・・これって、年寄りの冷や水かも。。。

ある利用者の「事故報告書」・呼吸停止の瞬間というか、前後の様子の記録からお届けです

★下の二枚の写真・コピーは、愛和莊における「ある利用者の事故報告書」のcopyです。令和1年4月13日の記録と見えます。16時35分「オシメ交換の為、居室へ訪室。呼吸が不自然で顔色不良。声掛けに返答無し。少量の植物残渣委のの嘔吐を確認する。16時42分 看護師から家族とドクターへ連絡する。18時50分 呼吸停止 となっています。

※16時35分から「呼吸停止」の18時50分まで、利用者に対して、どんな「緊急措置」を行ったのか、愛和莊として「呼吸が不自然で顔色不良」の高齢者・利用者に、何をなすべきか、を、まったく書いていない、と、言うことは、家族とドクターに知らせた多勢家で、「様子見観察」くらいしかしていないとも解せますが、・・・・そんなのありか、!、本当なのか、それでも「行政としては、○○とは確認しませんでした」でよかったのかですよ、本当、怖いという感じが強くしますね。

IMG-9557

IMG-9558

★全体では、二枚目、上の写真ですが、18時42分に「バイタル測定」となっています、と、言うことは、失礼しました、「何もしなかった」わけではなくて、バイタルの測定はしたんですね、、18時50分に「呼吸停止」なんですよ、やはり「呼吸が不自然で顔色不良。声掛けに返答無し」になってからは、特別の「措置」はしたようには思えませんですね。

11月23日(水)勤労感謝の日で祭日ですが

★勤労感謝の日、小雨の朝です、1日降るのかもしれませんね‥‥あまり強い雨ではなさそうですが‥‥さてさて、働いている人たちが「感謝される日」とは思いたいのですが、どうも「おかしな日」です・・・・、昔からある「祭日」なんですが、労働基準法で言う「勤労者たち」と、資本家なども含めて言う「国民の日・勤労感謝」という「勤労」とは、かなり隔たりがあるようです。

何か、昨年も「同じこと」書いたかなですが

★勤労感謝の日が祝日として制定されたのは1948年のことです。国民の祝日に関する法律の条文には、「勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう日」とあります。この条文が示す通り、勤労感謝の日とは、広く働く人々の勤労に向けて感謝を示す日だということがわかります。
働くことや仕事そのものを大切な習慣として重んじ、国民同士が互いに感謝を示し合う日として制定された祝日です。

そもそも論で言いますと、天皇家の「お田植債」でしたか、菅中行事を尊ぶというところから出発しているようですから、本物の「勤労・労働者」の働く姿、権利、暮らし守る、と、いう感覚には「ほど遠い」という事になるのでしょうかね・

明日の「雑記」は、お休みとしますね…明日、24日(金)は愛和荘関係の裁判の日なんですが、

★今日から明日にかけましたは、家の用事もありで、バタバタとしますから、ご機嫌いかがですか、写真中心のニュースはお休みとさせてもらいますね。よろしくお願いします。

★明日・24日(金)は、愛和荘の「偽計業務妨害」の裁判の日です、午後2時45分から津山地方裁判所です、3階の部屋で行われると思いますが、時間のある人、関心のある人は、傍聴へお願いいたします。「愛和荘問題を考える会」として、「裁判傍聴ニュース」を作成して、主な人に配布です、ご希望の人がありましたら、私にでもご連絡ください、お届けに努力します。

愛和荘の「それでも虐待は無いよ」物語継続です、下の上側の写真は、ある人の亡くなる瞬間の記録のようです。

★下の写真、二枚は、介護記録のパ今画面のこのような感じがしますが、明確にはわかりません、匿名で私の所に送られてきた、(さくら会館宛だったかも‥‥記憶が薄れていてごめんなさいです)どうやら「事故報告書」のようになっている感じがしています、18時35分【生活特記】として、オシメ交換の時、居室へ訪室したとき、呼吸が不自然で顔色不良、となっています。

★そして、【事故】として、・声掛けに返答なし、とか、タオルに残滓物多量にあり、18時50分呼吸停止、とされています。19時ご家族来荘され、状況説明をされていることが書かれているわけですが、この場合、ご家族に連絡されて、10分後には、すでに、愛和荘に家族が来られているという少しだけ、?、を思わせる時間の流れではあります。19時50分にドクターが「死を確認」されています。

IMG-9555

★よくわからないのが、まったく不自然と素人には思えることですが、19時50分に医師が死を確認した後の記述に「18時42分に「バイタル測定」という欄が表れて、【18時40分】に「生活特記」欄が生まれており、吸引行うが顔色の不良採れず、などが書き込まれていきます。

★時間の流れだけ追いますと、わからなくはないのですが、書く順番から言いますと、医師が死亡確認が最後の欄と思えますが、真ん中あたりに手出てきて、亡くなった後に、バイタルなどしているように見える記録なんですね、、何で、こんな、込み入った書き方なんだろう‥‥イラン「不信感」が生じますよね‥

IMG-9556

★バイタルとは、⇒単にバイタルと呼ぶ場合は、「脈拍(心拍)」「呼吸」「血圧」「体温」の4つを指しますとなっていますから、医師が死を確認する約50分前にバイタル測定しているということではあるんですが・・・こんな書き方ってあるのでしょうかね。

11月22日(火)火曜日はお休みにはしていますが・・・

★いつの火曜日の雑記にも「お休みの日」とはかいているんですが、「やぶ用」というのでしょうか、何かとありまして、今日も、例外ではなくて、午後からですが岡山へ行かなくてはいけません、仔細は省いておきますが、必要性を感じましたらまた、仔細はお届けしますが、弁護士への「新しい相談事」ができあえまして、その件での依頼という事になります。

★ここ3日~4日その件での資料作り、資料集め、記憶の整理などで「余分なエネルギーが必要」という感じです、私一人の問題ではなくて、何人かの人たちとの「関わり合い」がありまして、判断に「迷うところ」もありまして、一概にはいかないという悩みの事件ですね・ええことは、人様がしている、こちら、そのあおりを食う感じですね、、、馬鹿なこととは思いますが。

12月津山市議会は28日(月)から12月20日(火)までの23日間⇒昨日の議会運営委員会で決まったようで

★津山市議会は、昨日、議案瀬詰めて会とか議会運営委員会とかが行われたようで、12月定例市議会の日程などが決められています。28日に開会され、12月5日からの質問戦となっています。

愛和荘の「ケア計画」にかかわる紹介記事の続きですが、こんな薬の飲み方(飲ませ方)をしていいのかな・・・

★下記の写真コピーの上側は、9月27日17時00分から9月29日の10時55分までの「ケース記録」になっています。タイトルの所の書き込みは、この「ケース記録」を分析した人の「メモ書き」(しかるべきところにわかるように特徴点を書いたもの)と思われますが、「ダブル服薬と排泄介助24時間で2回のみ」と書かれています。

一度お薬を飲ますのを「忘れた」から、次に「2回分をのませた」という意味に理解してみますと、たいへんな「間違い」であることが分かります。これでも、行政は、「特に確認はしない」わけなんでしょうかね。?、です、色々と聞いたり、調べますと、「薬をのみわすれた」時の対策方法は、見つかりませんね…

忘れた薬は、次の時「2回分を飲ます」かな?

● 配薬時は、ダブルチェックをお願いいたします。 夜間など、人手が不足しているときに誤投与が多く報告されています。 与薬に関するお願い ● 各医療機関のルールに基づき、必ず本人確認をお願いいたします。 ● 脱カプセルしないでください。 ダブルチェック ダブルチェックとは、医療事故を防止するために実施する二重の確認のことをいい、多くの医療現場 で導入されています。ダブルチェックの方法には、2名で同時に確認する方法や、1名によるチェック の後、他者が時間差で確認する方法など、いくつかの方法が知られています。 各医療機関において、どの方法を用いるかを明確にし、行動レベルの統一を図ることが重要です。

など「今後の在り方」のような指針はたくさん見つけられますが、どこを忘れたものは仕方ない」とか「次に2回分をあたえなさい」とか「気が付いた時点で飲ませればよいとか」などの具体策は見つかりませんね・・・・でも、一回に「2回分を飲ます」とは、これいかにと思いますが。

IMG-9553

★下の写真、同様の「書付メモ」には、「有熱があるが、入浴を行っている。その後機能訓練も行われている。ダブル服薬云々と上記と同じことが書かれています。ケース記録によりますと【体温】の欄に、24日の朝・6時00分には、「36度5分」で、一時間後の、7時00分ては「37度3分」の熱のようです・・・

★熱があっても、「まじめな施設」ですから、決められた「介護・介助」は抜かりなくするわけなんでしょうかね‥‥それでしたら、「薬を飲ます時間」も、「まじめに」守らないといけませんが、どうなっているのでしょうかね。

IMG-9554

11月21日(月)さくらブロック会議の日

★月曜日、午前中は、日本共産党津山市委員会の「さくらブロック会議」です、近く、党規約に基づく「津山市委員会の総会」を予定しているようですから、それへの対応も相談ありかな。今、日本共産党は、「党創立100周年記念、統一地方選挙勝利・党勢拡大特別期間」の目標を総達成するための、全党の意思統一をはかることと、しんぶん「赤旗」を増やす、若い人への党の影響力の拡大など。。。。行動に出ることを中心的な方性としていますから、

★津山市の政治情勢にかかわって、来年のいっせい地方選挙へ、2つの党の津山市議の「議席」を最低でも守らないといけません・・・・政治の潮目の大きな変化と日本共産党の役割について新たな解明と提起を行うとともに、党をおおきくしていかないと・・・そんな相談の日です。

100年記念史誌の資料を「漁って」いましたら、懐かしい写真というか、資料を見つけました‥‥

IMG_6508

★田邑地域へ、米軍機2機、低空飛行、土蔵東海、その責任と補償を求めた、防衛相での直接交渉の写真です、仁比そうへい参議院議員と、私と、被害者の井口さんご夫妻…この仁比さんは、今の参議院の任期中ではなくて、以前の任期の時です、

岡山県1人死亡1240人感染、新型コロナ、6日連続千人超え、日曜なのに大変ですよ、そして、市内の福祉施設でクラスター発生とは、何としたことかです。

★岡山県は20日、新型コロナウイルスに感染していた90代以上の男性1人の死亡と、1240人の新規感染を発表した。1日当たりの感染者数は6日連続で千人を超えた。
新規感染者は岡山市保健所管内が468人、倉敷市保健所254人、県管轄の5保健所490人、陽性者診断センター28人。年代別は40代213人、10代212人、10歳未満184人、30代157人、20代144人、50代114人など。
津山市の高齢者施設で9人の感染が判明し、クラスター(感染者集団)となったと報道されている。
★日曜日なんですよね今月に入っての日曜日の数字は、10月30日が596人て、11月6日が1024人で、13日が1056人でした、そして、昨日・20日が1240人ですから、これからが怖いですよ、津山市のこともわからないままに、高齢者福祉施設でクラスターだけがわかるとは、、、妙な感じですよ。

愛和荘をめぐる「データー」の紹介です

★ある人のある年の8月27日の朝9時から28日の20時までのケース記録です。下は、9月11日深夜の2時から12日の朝8時までのケア記録です。特別に変わったことが書かれてはいない火事ですが、下側、4時06分のところ、「スキントラブルあり」と書かれている問題の書き込みがありますね…今朝は、読んでみてください②とどめて書き込み終わりますね、、悪しからずです。 

IMG-9551 (1)

IMG-9552

11月20日(日)スマホは難しいですね

★今日は、日曜日です、少し「のんびり」としたい日なんですが、どんな一日になるのかなです、晴れそうな感じですが‥‥格別の「要件・相談事」は入れてない、予定していない日ということです。11月に入ったころに、カメラが行方不明となりまして、いろんな人に助けてもらい、何とか「雑記ま写真・コピー」などょ紹介していますが、金曜日のお昼過ぎに、思い立ちまして、「スマホ」で写して、それを「ホームページの画面に立ち上げる」という手法を使え以外にないかな‥‥と、思いまして、スマホを購入した「おみせ」(イーストランド・デオデオ内のauショップ 津山ウエストランド)に行きました。

スマホで写真とって、転送したいが…知っている人が「いないかも・・・」とは、?、の職員さん

★いくつかの「スマホ」の売り場が重なっている床の私のもつ「メーカー」の法被来た女性に、「このスマホで写真を撮って、パソコンに送る方法をおしえてくれますか」と質問、?の顔、「スマホのカメラで写真の撮り方をおしえてください・・・」と言いますと、「さぁー、できる人がおりますか、聞いてきます」といいますから「スマホで写真をとるほうほうがわからないから・・・」と説明したのですが、その女性職員は、カウンターの中におった、男性職員へ・・・・何やら・・・説明していましたが、男性が「パンフレットの束の中から、1枚のパンフとり足して、ページをはぐって、そのページを「指手叩いて」女性にわたしました・・・・

パンフレット渡して「指導・読め」というしぐさ・・・

★そして、その女性が、私のところに「パンフ」を持ってきまして、「あのー、」とパンフを出そうとしますから、「もう、よろしい・・・」と「手を振って後にしました。パンフレット見て、理解できる力があれば、聞いたりするものか、とも思い、なによりも「これがサービスか、何だ、!、こんなものなのか、世の中くるっている」との強い思い…・我ながら「なんさけないかぎり」というところでした。

愛和荘のある利用者の「ケース記録」から紹介

★今日も「逆立ち」の写真ですみませんねです。4月11日の11時30分に、「食事介助」から書き始めています。「場所」食堂となっていますから、食堂でお昼を食べておられます。

IMG_1093

★おやつでしょうね、14時30分に「シフォンケーキ」を食し、そして、翌日の12日のポカリ飲んで、15時に「饅頭」を食べています、翌日の13日の15時にワッフルです、1日に一回、参野おやつということのようです、平穏な1日の暮らしぶりです。

IMG_1094

★愛和荘の利用者の皆さんが、こんな1日ばっかりが続くとよいのですがね・・・

11月19日(土)100年史誌資料集めどうなるか

★土曜日の朝、ゆっくりですが、昨日の「美作水平社創立百年記念史誌編纂小委員会」の話し合い、各自治体と人権連の市町村組織の70年周年以後の「資料」が集まりませんです、その上に立って、集まった資料を基にして「記念史誌」を編纂以外に道なしという事で本格的な準備に入ります。

100年誌の内容など 「資料がそろわない」のも念頭に入れ今後の在り方についての話し合い、発刊の経過とあいさつ、目次などに続いて、美作水平社創立70周年記念集会 この様子を「はじめに」入れる。

※1993年7月4日(日)津山市文化センター大ホールで開催、「構成劇・音と光でつづる70年のあゆみ」をDVDなどで入れるか?         ⇒津軽三味線・田中竹仙、シンセサイダー・岡田啓二 音楽は二人の合作 ⇒企画制作・末永弘之、演出・森元弘之、などでした。

DVDは、1996年11月2日(土)津山文化センター大ホールで開催された、【あたらしい時代へ扉を開く記念集会「人と人のあたらしいふれあいまつり」】も検討したい。⇒梅原司平とtomorroの出演。゜そして、

※全解連津山から津山ネットへ名称変更と岡山県全体での「郡委員会」の廃止の大会と市民集会、太田真希の歌声・津山アルネ・音楽文化ホール     ※ 津山市と五郡の「本音シンポシンポジウム」を「特別編集」としたい。 こ・津山の本音シンポ最終回 31回人権・民主主義、福島原発を考える市民の集い、有馬理恵・福島から久米南へ 杉岡直人 (大塚愛)平成24年2月25日(土)総合福祉会館3階 本番前日内外交流集会、そして、平成24年2月26日(日)あいあい 津山市井口で本番。

下の写真は、2日間にわたって行われた「第31回-本音で語るー人権・民主主義シンポジウム」の呼びかけチラシのコピーです。

unnamed

※5郡のシンポ最終回 ⇒各町村に依頼して調査中です                ・中西⇒津山本音シンポの「思い出の記」、               ・津山からのレポート 滋賀県、徳島県、長野県、広島県、大分県、佐賀県、など、思い出の記を依頼したらどうか。を検討していくこととしました。

岡山県3人死亡1341人感染、新型コロナ、津山の障害者施設で19人のクラスター・

死者は90代以上の女性と80代男性、70代女性。新規感染者は岡山市保健所の管内が458人、倉敷市保健所302人、県管轄の5保健所541人、陽性者診断センター40人。年代別は40代216人、10代215人、30代206人、20代166人、10歳未満150人など。★クラスター(感染者集団)は7件発生。5件が高齢者施設で、総社市2カ所、岡山、倉敷、備前市各1カ所で計91人の感染が判明。津山市の障害者施設で19人、岡山市の知人間の会食で10人の感染が分かった。

 愛和荘の「ケース記録」のご紹介の続きです

ある利用者の「4月9日9時15分から4月10日の10時までの「ケース記録のコピー」です、二枚の写真で、1枚を表示するのですが、どんなに「元の写真」を横にしても、縦にしても、被疑に回としても、左に回しても、元の写真は「正面向き」なんですが、パソコンにおとしますと、「逆立ちして映る」という妙な現象です、修正ができませんから、逆立ちした写真でお届けという事になりますが、悪しからずというところです。

★10日の朝9時15分に、「開始」されて、「終了」が11時46分までとなっています、わたしには「意味不明の時間」の書き方です。「処置」として、軟膏塗布、「様子」オシメ外しの行為あり、◎◎、右●部掻きキズ、出血あり、「対応」アズノール、べラメタリン、ワセリン塗布 と書き込まれています、このちりょうというか「介助」に、9時15分~11時46分まで時間をようしたということでしょうかね、、書き方というか、日付け・開始・終了のタイトル欄が何を意味しているかが不明では、なぞは解けませんですね。

IMG_1091

★下も、上と下が「さかさまの写し」で、どうにも正面に巣をってくれませんです、悪しからずです。11日午前10時まで「特別な記載」はないようで、普通の暮らしぶりという事でしょうかね、、、良かったです。

IMG_1092

11月18日(金)美作水平社創立百年記念史誌へ

★金曜日、寒い、寒くなった、と、嘆きの声出しているこのころ、もう、11月の半ばを過ぎてしまい、あっという気に1週間が過ぎる、としよせると「月日の流れがはやく感じる」と言われますが、それを実感する昨今です。今日は、美作水平社創立百年記念史誌編纂委員会です、なかなか思うような資料が集まりませんが、皆の知恵を結集してですかね…

★コロナ感染の様子、津山市が何人という発表が無くなって、1か月余りかな、やはり「緊張感がじっかんできない」とある人の声です。昨日の感染者数の発表は。。

新型コロナ 岡山県1357人感染 3日連続で千人超え

★岡山県は17日、1357人の新型コロナウイルス感染を発表した。1日当たりの感染者数は3日連続で千人を超え、前週の同じ曜日を3日連続で上回った。
新規感染者は岡山市保健所の管内が522人、倉敷市保健所302人、県管轄の5保健所491人、陽性者診断センター42人。年代別は10代263人、20代187人、40代186人、30代181人、10歳未満151人など。
クラスター(感染者集団)はいずれも高齢者施設で5件発生。倉敷市2カ所、岡山、総社市、和気町の各1施設で、計31人の感染が判明した。
★この形式での発表で、緊張が出ないということですね。

市政懇談会の席でも「一つの話題」にしましたが、

長引くコロナ感染の終息への見通し対応について。

①最近、全数値の発表もなくなり市民は情報不足で、津山市の感染の実態がつかみにくい事態です、国や県(保健所)とも協議し、津山市の「感染の実態」がわかりやすくする方策を検討してください。

【解説】こども保健部 ⇒国では、高齢者・重症化リスクのある者に対する適切な医療の提供を中心とする考え方に転換し、新型コロナウイルスへの対応と社会経済の両立をより強固なものとした、Withコロナに向けた新たな段階に移行するとして、9月26日から全数届出の見直しを全国一律で適用しているところです。新型コロナウイルス感染者の発生状況は所管保健所の年代別とクラスターの発生数の公表となっております。感染者の発生情報は県が有しており、市が把握できる感染者に関する情報は、県から提供される情報のみでございます。

※⇒昨年の「回答」では、「若い世代への一層の働きかけを強める」とのことでしたが、今年になって(第5派~第6派)の特徴は、幼児・児童へも広がりの傾向も見られました。                        ア.津山市として若年層への感染予防対策について特に重視してきた事   柄を明らかにし、さらなる取り組みの強化策を示してください。

【解説】⇒感染予防対策については、市HP、フェイスブック・LINE等を活用し、広く周知に努めているところです。若年層への取り組みでは、市内の保育園や小学校に保健師が出向き、感染予防のための紙芝居などを実施する啓発を図っております。また、市内の保育園等で、感染が拡大し、学級閉鎖が頻発したことから、8月から学級閉鎖が実施されている期間、家庭保育に協力いただいた場合は、保育料を日割り計算で還付をしております。ワクチン接種に関しては、若い世代の方々への接種推進を図るため、市内企業に対し、直接訪問による従業員へのワクチン接種の啓発や、接種しやすい職場の環境づくりを依頼しています。また、接種機会の確保と拡充を目的に、仕事や通学があっても接種しやすい土日や夜間の集団接種を定期的に実施し、多くの若年層の方が接種を受けられています。

令和4年11月から、接種対象が乳幼児(生後6か月以上4歳以下の者)に拡大されており、今後も、接種推進が図られるよう接種の体制強化を図ってまいります。

★こんな話し合いでしたが、全数値の発表をしなくなって、本当に、医療現場などの「仕事量が減ったのかどうかは私らにはわからないが、自治体ごとの発表を求めたい」との話もあり、当局の担当の人から、「実態としては、国の指針でどうにもならない」ということと「いろんな角度から見てみて、全数値の発表がなくなり、医療現場などは仕事量が減る、少しは緩和された」という説明があり、それはそれとして、津山市の数値を発表しないという国のやり方は「納得」という形ではありますが、へんな「興味半分の気持ち」ではなく、素直に、津山市の感染者の動きが知りたい、そうしないと、やはり、緊張感が薄らぐ、と、言う声が強いのは事実なんですが…

今日も、愛和荘の「ケース記録」の写しから見てみますね

★昨日の続きの「ケース記録の3月18日~19日・20日のcopyということになります、同じ人の記録・データーです。上の写真コピーと下の写真コピーの二枚で、18日の午前2時(深夜)から、20日の午前2時(深夜)まで、ジャスト1日分、24時間の「ケース記録ということになります。

IMG_6569

★この日は、特別のことが起こったようにはありません、あえて、探してみますと、18日の16時30分に、{様子】顔面紅顔あり、本人はしんどくないといわれれる。【対応】2点クーリング施行で様子を見る。と書かれている部分程度かなです。

IMG_6570

★試しに、クーリングとは、どんなことなのかを検索してみますと。

※後頭部、鼠径部、腋窩、頸部、背部といった体幹付近、または表在性に大きな動脈のある部位や炎症部位を冷却する看護技術のことです。 冷罨法とも呼ばれます。 温罨法と同じく、医師の指示のもと行われることもありますが、看護師の判断で行うことができるケアです。

と解説されていました、この場合、どこを、どんな方法で冷やしたのか、誰の支持で、誰がやったのかなどは見えてきませんですね、、私の知識では、「顔の顔面紅顔ですから、額に「冷たいタオル」を充てるか、今はやりの「ヒエビタ」を張るとか、こんな知識しか浮かんできませんね…ヒエビタ張ったのでしたら、そのように描くとは思いますが…どうでしょうかね。